2017/10/18

【アートワーク制作】Cuora. 1st single「[Dance.]」


Cuora. 1st single [Dance.]、
アートワークを制作させていただきました。
―――――――
Cuora [Dance.]
2017.10.18 Release

1. to dance
2. kiss me

価格 1,000yen(+tax)
品番 COR-001
https://cuora1214.wixsite.com/cuora
―――――――


2017年10月18日リリース、
Cuora.さんの1st single [Dance.]。
アートワークを担当いたしました。
(見開き4P|紙ジャケット|128×256mm)

ビジュアルテーマは「呼吸する森」。
楽曲を聴いていると、
意識をもった光のオブジェクトが、森を往来するシーンに辿り着きました。
優しくて不思議、透明で美しいものたち。
――
雪が降り、花が咲き、季節が集まる森の中。
ここには、多くの時間と祈りが、寄り添い合って生きている。
" この森なら、最後にもう一度だけ会えるかもしれない "
そう信じ、歩き続ける少女の物語。―
(スケッチブックより抜粋)
――


Cuora.さんが丁寧に織り成した音楽には、
細やかな物語が宿っていました。
デモ音源を初めて聴かせてもらった時、心へ景色が投影されていく過程に、強く感動したのをハッキリ覚えています。
季節があって、天候も時間もあって、命がある。

水が流れるように従ってみたり、
立ち止まって見上げてみたり、
迷った先で好きな花を見つけたり、
心地良い自由がある作品だと感じました。

さまざまな街のさまざまな人に、聴いてみてほしい。


Cuora.ちゃん、リリースおめでとうございます。
大切な大切な一枚で、アートワークを担わせていただいた事、ほんとうに嬉しく思っています。
ずっとずっと応援しているね。

2017/10/13

【アートワーク制作】sonsofu album「rotary dream」


sonsofu  album「rotary dream」、
アートワークを担当いたしました。
―――――――
sonsofu 「rotary dream」
2017.11.11 Release

1. desktop caffeine
2. lightcourt
3. sienna feat. nitsua
4. natsuka feat. piana
5. bekko
6. ephemeral
7. letters for yuka feat. nitsua
8. kids on the slope feat. nitsua
9. to fade away
10. to the melting snow... (rotary dream remix)
11. evening electronic
12. the sound of the sea, where you will find me feat. enonimu (kayoko t.)
13. hypericum feat. piana

VISE-005 visioneternal
―――――――


アメリカ・ヒューストン在住の音楽家、sonsofu。
デビューアルバム「rotary dream」にて、アートワークを制作させていただきました。

ビジュアルテーマは「記憶の湖、花」。
懐かしい水、花と光、波の色、透明な愛。
-----
靴を脱いで、美しい夢の中を散歩。
素足の感触はいつの間にか、コンクリートから花へ変わった。
故郷へと続く海のふちに、遠い日の彼女が立っている。
風は優しく、言葉は要らない。
一点の曇りもない無色透明の愛で、そっと通信する。
-----

繊細でいとおしい欠片たちが集合したような、収録トラックたち。
日常の中の光を、丁寧に採取しているように思う。
夢、郷愁、記憶と生活のバランス。
すべてが心地良く、誰しもに溶けていく世界。

そんな "きらめき" に着目し、
自分が鏡になることを意識しながら、反射の光景を描きました。


デビューアルバムという大切な場で、
海を遥かに越え、言葉も異なる環境の私に、デザインを依頼してくださったこと、
奇跡のように嬉しく思います。
決して満足な英語力は持っていないですが、彼から届いたメールからは不思議と、あたたかい人柄と細やかな優しさが伝わりました。
絵が言語となり、一緒にひとつの作品を築いていく。
まだ訪れたことのない国に、大切な仲間が出来たような、特別な時間でした。

sonsofu、本当にどうもありがとう。
そして、デビューおめでとうございます。
いつか必ず、目と目・手と手を合わせて、話をしましょうね。

2017/10/12

【フライヤーデザイン】高橋 良 × なかにしりく 2ヶ月連続2マン企画「symmetry」


高橋良さん・なかにしりくさんによる、2ヶ月連続2マン企画「symmetry」。
フライヤーデザインを担当いたしました。
ーーーーーーー
高橋 良 × なかにしりく
2ヶ月連続2マン企画「symmetry」

11.11(土) 札幌編
会場 studio dango (札幌市中央区宮の森1条4丁目1-6) 
OPEN 19:00 
START 19:30
料金:¥2,500(別途1dirnk)
※30名限定

12.6(水) 名寄編
会場:名寄CLUB JAM(名寄市西4条南4丁目丸八ビル3F)
TEL:01654-2-0543
OPEN 19:00  
START 19:30
料金:¥2500(別途1Drink)
※50名限定

出演:
高橋良
なかにしりく
ーーーーーーー


札幌を拠点に活動するシンガーソングライター、
高橋良さん・なかにしりくさん。
2ヶ月連続で開催される、お二人によるLIVE「symmetry」。
ビジュアルデザインを担わせていただきました。

イベントタイトルにある "symmetry(シンメトリー)" の言葉を軸に、
ふたつの世界を描いたものです。

近頃、絵を描く時は、
物語や主人公の心の動きから先に、文章で書き出すようになりました。
スケッチブックには今回も、下記の言葉たちが並びました。
----------
空の向こうに見える山。
裏側に居る彼女までの移動手段は、未だ見つからない。
どこからか届く、プラネタリウムの光。
肌に透けるこの星々が、きみと共通ならいい。
鳥は自由に羽ばたく。ーー
----------

夕方の終わりと、夜明け前。
対称構図でありながら存在する二つの時間。
きっと、良さんとりっくんの世界は、相性がとても良くて、
互いに「いつか」を信じ、優しく流れる平行世界のような、
そんな光景を思いながら、制作いたしました。

絶対に、美しくて明るい夜が生まれると思う。
ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

2017/09/20

【名刺デザイン】作曲家・プロデューサー 丸谷マナブ 様


Sony Music Publishing所属、
丸谷マナブさん(作詞家・作曲家・編曲家・サウンドプロデューサー)。
名刺デザインを担当させていただきました。
―――――――
丸谷マナブ official web site

- 代表曲 -
・AKB48 「永遠プレッシャー」(29th Single) 「ハート・エレキ」(33rd Single) 「ラブラドール・レトリバー」(36th Single)
・KAT-TUN 「UNLOCK」(26th Single)
・Little Glee Monster「好きだ」(4th Single)
・三代目 J Soul Brothers 「HAPPY」(21th Single)

Twitter : https://twitter.com/manabu_marutani
Facebook : https://www.facebook.com/manabu.marutani
―――――――


(size:91*55mm / paper:コンセプト245kg / 箔押し加工(つや有り銀箔))

今回は、「音の波形」をイメージしたテキスタイル仕様。
音楽を世界に届ける素晴らしいお仕事を、私なりの表現で、紙へ描きました。
信頼し何もかも自由に作らせてくださった丸谷さん、感謝しています。

制作が決まった当初から、
ビジュアルテーマを音の波形にしようと決めていたわけですが、
お名前のイニシャル"mm"が、偶然にも波形の作成に抜群なシルエット。
オモテ面にて、「音波 + 氏名」のロゴマークに見立て、最初の模様が誕生しました。


シンプルさと高級感のバランスを、第一に。
テキスタイル部分を、銀で箔押し加工。
紙は高級紙の"コンセプト245"を使用、ほんのりパールの光沢が入ったもの。
二つのきらめきをポイントに、その他はスマートな印象となるよう仕上げました。

丸谷さんの作品のように、
質が記憶で生き続ける名刺となるよう、制作いたしました。


丸谷さんとは、気付けば出逢ってから長いもので、
シンガーとしてメインに活動されていた頃から、ずっと応援してきました。
私の人生初のCDジャケット制作も彼のもので、デザイナー活動における最初の一歩から、見てくださっている人。
こうして変わらずに、任せていただいたことが嬉しい。

ここからの未来、
活躍の中のちいさな光となって、支えられるツールでありますように。

2017/09/18

【アートワーク制作】「shikisai compilation vol.6」


「shikisai compilation vol.6」、
アートワークを制作させていただきました。
―――――――
「shikisai compilation vol.6」

Release : 2017.10.29 (Bandcampにて配信)
http://kusanone-label.net/shikisaicompilation6/

Artist :
Re:Lilly
SAyA+ryusuke sasaki
uyuni
さわひろ子
ユメノマ
uminism
marucoporoporo
enzym (France)
tete.
ハクスキノエ
yule
―――――――


10月29日に配信となります、
「shikisai compilation vol.6」(KUSANONE Label)。
アートワークを担当いたしました。


ビジュアルテーマは「水上のユートピア」。
心と心がリンクした時にだけ現れる、水に浮かぶユートピア。
地図上にないこの場所では、私達だけの歯車が回り、すべての光が味方する。
甘い太陽のふもとで、美しい音楽が鳴っている。―――

参加アーティスト皆さまの作品を聴かせていただき、
"繊細で特別な場所"を描きたいと感じました。
丁寧にゆっくり、時間と空間が構築される過程とその先を、カタチに残したいと描き進めました。
柔らかい楽園の一風景。


KUSANONE labelを主宰されている、
関西のアンビエント・エレクトロニカバンド「Re:Lilly」さんとは、
今年5月、大阪で出逢いました。
空間演出をしていたライブへ、メンバーの湯口さんが遊びに来てくださり、はじめましてのご挨拶。
贈っていただいたCDを聴いて、いつかご一緒したいと願っていたので、
今回はとっても嬉しいご縁。
任せていただき、心から感謝しています。

Re:Lillyさんの世界は、
粒子のひとつひとつまで輝く、きめ細やかな美しさがあるように思う。
風が体を通り抜けていく瞬間や、水が揺れる瞬間、雲間から太陽がのぞく瞬間。
自然の中にある美の要素が、何ひとつ欠けることなく、詰め込まれているように感じる。
実際に想像している陸に立ち、温度を感じながら絵を描いているような、
奥行きのある制作時間を過ごさせていただきました。


コンピレーションアルバムのコンセプトにある、
"地域・ジャンルを越えた、様々なアプローチをする色彩豊かな音楽を紹介する"という意図。
素敵なことだなあ、と思う。
いろいろな街から、さまざまな光が集まったアルバム。
たくさんの人々へ届きますように。

2017/08/24

【アートワーク制作】「ArtLism.JP vol.9 - supported by PURRE GOOHN」



「ArtLism.JP vol.9 - supported by PURRE GOOHN」、
アートワークを担当させていただきました。
―――――――
ArtLism.JP vol.9 - supported by PURRE GOOHN

1. Atelier Pink Noise / Melting salt
2. Erik Luebs / Arranger
3.
Yasuha. / Waterflow
4.
Gallery Six / syunsui
5.
hugvilla / 廻る
6.
masataka kondo / Spiral
7.
astral trace / VIDEO BEATS
8.
soma hayato / fungi
9.
Ensemble 0 / Mary Ann’s Theme
10.
hideride / Zen
11.
MayLilyq / Ruiggy(feat. DiMudio)
12.
IsoLation / Sunleaf

[ film ]
masataka kondo

[ artwork ]
saori yamada

[ ArtLism.JP ]
http://artlism-jp.tumblr.com/

[ PURRE GOOHN ]
http://purre-goohn.com

2017年8月19日〜11月18日まで、下記コンテンツにて配信されます。
-------
Apple Music, iTunes
Spotify
Prime Music
LINE MUSIC
AWA
KKBOX

etc…
-------
―――――――


前作・前々作に続き、
ArtLism.JPによるコンピレーションアルバム「ArtLism.JP vol.9 - supported by PURRE GOOHN」、
アートワークを担当させていただきました。
今作も最高なラインナップ。ご一緒できて嬉しい限りです。

ビジュアルテーマは「誕生のFe(エフ・イー)」。
サウンドに反応し、多角化する鉄の細胞たち。
音楽の誕生を祝うように、色を帯び、発光してはうつろう。

フリー配信は期間限定です。
一枚に数え切れない遭遇が詰まった、広大なアルバムだと思います。
この機会に、「好き」をひとつまたひとつと、増やしてみてください。

2017/08/19

【ウェルカムボード制作】札幌市 M様・H様ご夫妻


8月11日に挙式を迎えられた、
札幌市 M様・H様ご夫妻。
ウェルカムボードの制作を担当させていただきました。


(スチレンボード/420×594mm/半光沢仕上げ)

― 山も空も、風も、水も。
自然たちが溢れんばかりに祝福する谷。
みずうみには、おめでとうの火が集い、
空中では、光と雨が抱き合って舞う。
今日まで織られてきた愛のリボンが、重力へさからうようにして、泳いでいる。
ちょっと不思議な、わたしたちだけの場所。

歩いて行こう、ここから。
迷ったら帰ろう、ここまで。 ―


祝福を描かせてもらえることは、ほんとうに、しあわせな出来事だ。
この絵が、お二人の未来で、生きていくということ。
奇跡のように思う。

M様・H様ご夫妻、
ご結婚おめでとうございます。
この景色を贈らせていただいたこと、ずっと抱きしめて、私もここから、
しあわせを願っています。