2017/03/15

【ビジュアルデザイン】爽 ワンマンLIVE「いつだって、肌を寄せあって」


爽 復帰ワンマンLIVE「いつだって、肌を寄せあって」、
ビジュアルデザインを担当させていただきました。
―――――――
※sold out※

2017.04.23 (sun)
@ 札幌 musica hall cafe
ticket : 2,500yen (+1d500yen)
OPEN 19:00 / START 19:30

guitar : 小野貴博 cajon : 三浦剛志
―――――――


札幌を拠点に活動しているシンガーソングライター、
爽さん( http://sawamusic.com/ )。
活動休止から本格復帰される大切な日、ワンマンLIVE「いつだって、肌を寄せあって」。
ビジュアルデザインを担当いたしました。

テーマは、「再会の丘」。
春が香る、優しい丘。
向こうには光の粒子で出来た山と、硝子の太陽。
花畑は蜃気楼みたいに揺れて、ふたつの虹は支え合い、肌色の湖のふちでピアノが鳴っている。

通い合う体温たちの様子、描きました。


爽さんと初めてご一緒したのは、
昨年、活動休止前レコ発ツアー「泣いて踊った君と私の夜」(>記事URL)の、
紙媒体デザイン(ポスター/フライヤー)にて。
時を数えると、"もう何年も前から"という長いものではないけれど、ずっと前から彼女の声がそばに在ってくれたような、
はじまりの色が一滴、ポトリとこの世界に落ちて、広がっていくのを見てきたような、
それくらい私の心には大きく、深く、響き渡っています。

出逢った時、
贈ってくださった作品たちを聴いて、
それぞれのアプローチ、それぞれに大好きで。
爽さんがこれから継続していくもの、変化していくもの、何年先も私は感動していくのだろうな、
そう確信したのを覚えています。

曲が明確な色をもっていて、
そして、それはポイントごとにトーンを変えて。
でも「ああ、これだなあ、すてき」と共通する美しい根をはっていて。
今回の制作にあたり、今の色を頭のなかに浮かべて打ち合わせへ向かうと、
爽さんの口から、描きたいと思っていた色の名前が、ぽんと出てきて。
タイム感に寄り添えているような気がして、嬉しかった。
この先も、新しく見惚れる要素を、私の心の目で追い続けていきたい。


何よりも、
活動の休止と復帰、ふたつの大事な季節を、ビジュアル面で見守ることができて、
しあわせに思います。

これからも一緒にやりたいこと、いっぱい。
少し早いけれど、爽さん、活動復帰おめでとう。

2017/03/05

【EXHIBITION】「ame to wonder.展 - +S.-」(@ 新宿 SCOPP CAFE)


daisuke oguraによる4年ぶりの個展、
「ame to wonder.展 - +S.-」。
数点、絵を展示させていただきます。
―――――――
「ame to wonder.展 - +S.-」

会場: 新宿 SCOPP cafe ( http://scopp-cafe.com/ )
会期: 4月1日 - 4月30日
出演: Arito , Hal , ヤマダサヲリ
―――――――


totokoko labelが出会いの場、気付けば長いご縁となりました、
daisuke ogura(ex. Bed.)さん。
新宿 SCOPP cafeにて、4年ぶりの個展を開催。
この度、ゲストに迎えていただきました。

何点か作品を出展いたします。
素敵な皆さまとともに、地下へ東京の春を彩れること、とても楽しみ。


いくつになっても、春のにおいは、胸がいっぱいになる。
出逢ってきた人々の顔、朽ちない言葉、暮らした町の夕焼け、空へ渡った猫の温度。
私は何を忘れたくなくて、いくつを覚えてこられて、どれを思い出せなくなってしまったのだろう。
そして、新しく心へ入ってきたこと、これから辿り着きたい場所。

いっぱいいっぱい考えて、何周かして疲れて、見上げた先に桜。
「ああ、きれい。」
「やっぱり花の季節は良いなあ。」
そうやって純粋に見届けられている現在に、少しほっとして。

等身大の想いと春は、似ている、と思う。


日々から見つけた、ちいさな愛たちを集めて、優しい花の窓辺、描きます。
ぜひお立ち寄りください。

2017/03/01

【アートワーク制作】モノポックル 1st mini album「kimi no machi」


モノポックル 1st mini album「kimi no machi」
アートワークを担当させて頂きました。
―――――――
モノポックル
official web site http://monopockle.jimdo.com/

1st mini album 「kimi no machi」
2017.3.15 RELEASE
01 London
02 ええじゃないか
03 Beck's Gold
04 ビーム
05 海を歩く
06 蒼


PLC_0002 ¥1,500(tax excluded)
―――――――


2017年3月15日に発売されます、
モノポックル 1st mini album「kimi no machi」にて、
アートワークを担当させていただきました。

前作、album「新世界の夜明け」(>記事URL)に続いてのご縁。
当時の制作は今でも強く記憶していて、2013年の私自身の制作アプローチにおいて、非常に大きな刺激を受けました。
モノポックルの皆さんに出会っていなければ、あのような質感へはまだ、辿り着いていなかっただろうと思っています。

そして、今作。
前作のリアリスティックなタイプとは大きく変わり、
シンプルベース、アクリル要素を含め、大人っぽい印象に仕上げました。
それは意図的なものではなく、頂いた音源から伝わる波へ乗り、自由に生まれてきたイメージでした。

「水脈・路地」をメインのアイテムとし、中央から走らせ、
瓦・波・魚をイメージした模様をセンターに。
vo.いっきくんが伝えてくれた、”ヨーロッパへ行った時に吸収したものたちが、今作のベースにある”という点を大切にし、
街並みは、赤褐色の屋根に。海外ならではのカラフルな景観とともに。
浴衣を着た金髪の少女で、少しの不思議さを。(これは、vo.いっきくんのアイディア。素敵な視点に感謝です。)

ジャケット以外の部分でも、
海外っぽさ香る甘辛いカラーリングを心掛けました。
トータルパッケージを通して、デザインを楽しんで頂けましたら嬉しい限りです。


しかし、今作も、控えめに言って最高である。
前作「新世界の夜明け」で心を掴まれた熱量やスピード感やタイム感、それらはさらに「好き」を増しているし、
この数年間が、モノポックルのみんなにとって良い時の流れ方をしていたんだ、と感じる音たち。
スタジオ打ち合わせの段階で、相当グッとくるものがあり、「早く描きたい!」となりました。

彼らのサウンドには、いつだってストーリーがある。
足元にはしっかり影が伸びていて、風が吹いていて、見上げる先に風景があって。
きっと聴く人々の数だけ世界は存在し、じゅんぐり、育っていくものなのだと思う。
だから私は、何度だって聴きたくなる。

皆さまの暮らしに、「kimi no machi」という物語が、そっと到着しますように。

2017/02/27

[ Illustration ] "roma" (2017)


[ Illustration ] "roma" (2017)
(digital , graphic)


中村佳穂さんの「口うつしロマンス」を聴いて生まれた、
プライベートドローイング。

2017/02/25

【フライヤーデザイン】musica hall cafe主催「東日本大震災被災地支援チャリティーライブ 2017」


musica hall cafe主催「東日本大震災被災地支援チャリティーライブ 2017」、
フライヤーデザインを担当させていただきました。
-------
2017.03.25(土)・26(日)
2days開催

▽詳細 musica hall cafe WEB SITE
http://www.musica-hall-cafe.com
-------

今年で第7回目を迎える、
musica hall cafe主催「東日本大震災被災地支援チャリティーライブ 2017」。
昨年に続き、ビジュアルデザインを担当いたしました。

ビジュアルテーマ:「会いにいくの舟」
---
夜が進むたび、ひとつずつ、ちいさな手で雲を集める。
きみが好きそうな色を塗って、少しの星の明かりをまぶし、銀の旗も立てよう。
その笑顔を見る為の舟。"会いにいく"の舟。


会いたい人に会いにいく、という行為は、大切なことだ。
どんな服を着よう。何から話そう。あの子の好きな物を買って行こう。旅路では何の曲を聴こう。
誰かの顔を思い浮かべてする全ての事に愛があり、人間らしい時間。
そこには体温みたいな等身大の、あたたかさが在る。

musica hall cafeは、人に会いたくなる場所。
晴れの日も、突然雨が降った日も、ひどい雪の日も、ドアを開けるといつだって優しい時の流れ方をしていて、ほっと一息。
ばったり出会ったり、待ち合わせをしたり、遥か彼方の人を思い出したり。
珈琲の香りと、空気にフィットする音楽。
いつまでもここに居たいなあ、あの人も連れて来たいなあ、今頃どんな日々を歩いているのかなあ、と想像が旅していたり。

物理的に離れていたって、心と心で会いにいけるという事も、思い出させてくれる場所。


そんなmusica hall cafeに寄り添う人々が揃い、
今年も2日間、イベントを開催します。
この街の音楽をこの街で聴き、集まった想いを、福島の子どもたちへ。
描かせていただいた「会いにいくの舟」で、皆さんの気持ち、運ぶお手伝いが出来たら。

素晴らしいラインナップです。
ご都合許しましたら、ぜひお立ち寄りください。

2017/02/17

めぐりあうということ(2017.02.10「our screen ~ 古賀小由実 × Chima ~」)


絵の投影を担当させていただきました、
our screen ~ 古賀小由実 × Chima ~」(@ 下北沢 SEED SHIP)。
満員御礼、
ご来場くださった皆様、本当にどうもありがとうございました。

ホームタウン札幌では、何度も空間演出をしてまいりましたが、
東京での発表は、今回が第一回目。
かけがえのない仲間達と、上質であたたかく素晴らしい空間SEED SHIPさん、
特別なスタートラインとなりました。


Chimaちゃんとは、album「そらのね」アートワークからの長いご縁。
当時の制作は個人的にも強く記憶していて、
デモ音源を受け取った時、あまりに広大で美しい衝撃に、涙が止まらなかったのを思い出します。
出会ったことのない温度をもっていて、だけれどスッと心の路地に優しく流れ込んできて、気付けばもうカラダの一部になっているような。
「突然」が「当然」へ変わる、大きな力をもっている。

それからずっと、彼女の作品を聴き続けてきましたが、
このようなスタイルでの共演は数年ぶりで、
「私は今のChimaちゃんをどう描くのだろう」「どんな変化が待っているのだろう」と、楽しい未知を感じながら挑みましたが、
描きはじめてみると「あぁ、これだ」と感覚が指にもどってくる。

Chimaちゃんの”良い時の流れ”が見えて、
積み重ねられてきたものと、新しい気配たち、すべてが心地良く色を伝えてくれました。


古賀小由実ちゃんとは、お会いするのが初めて。
けれど、お互いを知ってから長く、私は小由実ちゃんの音楽が大好きで、小由実ちゃんも私の作品をずっと見てきてくれて。
本番を迎えて、「お顔合わせは初めてだけれど、今日までずっと、感覚で寄り添うことが出来ていたんだなあ」と感じました。
太陽のようにぽかぽか、オーロラのようにやさしく、愛情の屋根のようなお方だ。

じつは、年齢も一緒。
小由実ちゃんは「ずっと憧れていたんです」と言ってくれたけれど、全く同じ気持ちで。
遥か遠い街と街、同じ年月を生きて、夢に向かう旅の途中、惹かれ合って、
東京で出逢い、こんなふうに表現をともにする。
私は奇跡みたいに思う。続けてきてよかった、と心から感じた。

小由実ちゃんの世界に触れていると、
不思議と懐かしくてたまらなくなる瞬間がある。きっと長い長いご縁になるんだろうなあ。


最後に、まさかのサプライズ。
Chimaちゃんと小由実ちゃんが、私の絵から曲を作り、披露してくれたのでした。
日頃、「音楽から絵を」生んでいく制作が主ですが、
「絵から音楽を」生んでいただいたのは、人生初めての出来事。
「水の舟」(※画像:上から二枚目)という一枚から、音楽を紡いでくださいました。

嬉しくて、びっくりして、とっても素敵な作品で、お二人の相性抜群で。
何度も泣きそうになったけれど、お客様が近くにいらっしゃったので、小さく震えて堪える私。
ほんとうに、しあわせ者です。
改めまして、Chimaちゃん小由実ちゃん、どうもありがとう。
ありがとうの文字を地球上に並べたって足りない。


この日の為に作ったポストカードも、sold out。
お家に連れて帰ってくださった皆様、感謝申し上げます。
物販コーナーで、丁寧に感想を伝えていただいたり、「また観たいです」と声を掛けていただいたり、
たくさん励まされた時間でした。


じつは、
6月頃、vol.2の開催が決まりました!やったー!
改めてアナウンスさせて頂きますので、どうか、また新しい絵と光たち、
出会いにいらしてください。

vol.1、皆さまと迎えられて、ほんとうによかった。
どうもありがとうございました。

2017/02/14

【アートワーク制作】「ArtLism.JP vol.7 - supported by PURRE GOOHN」




「ArtLism.JP vol.7 - supported by PURRE GOOHN」、
アートワークを担当させていただきました。
―――――――
「ArtLism.JP vol.7 - supported by PURRE GOOHN」

artist - track
1. M-KODA - aco
2. Utae - Space animal planet
3. submerse - camp sleepaway
4. astral trace - eyes
5. Gallery Six - limicoline
6. DOI ITSUKI - Atah
7. SANMI - Birds of the Lost Kingdom 亡国の鳥
8. asuka tanaka - WAVE BACK
9. fraqsea - You’ve saved me again
10. Primula - Kawasaki Swimming School
11. masataka kondo - Axis
12. at her open door - passover
13. SHOMOMOSE - Nag Nag Nag
14. hideride - Cocoon
15. 34423 - Light
16. Atelier Pink Noise - Things I thought in dream
17. Warmth - Distance

[ film ]
masataka kondo

[ artwork ]
saori yamada

[ ArtLism.JP ]
http://artlism-jp.tumblr.com/

[ PURRE GOOHN ]
http://purre-goohn.com


2017年2月13日〜5月14日まで、下記コンテンツにて配信されます。
Apple Music, iTunes  (>Link)
Spotify  (>Link)
Prime Music  (>Link)
LINE MUSIC  (>Link)
AWA  (>Link)
KKBOX  (>Link)




ArtLism.JPのコンピレーションアルバム、
「ArtLism.JP vol.7 - supported by PURRE GOOHN」。
アートワークを制作させていただきました。


ビジュアルテーマは、「上空の粒子」。

気流に乗り、サウンドのリズムできらめく、ミラーフレーク(鏡の破片)。
雲の中を通過していく、自由な光のライン。
上質な楽曲たちが集結した今作を、シンプルで静かな発光により、表現しました。

高い空の向こう側、FREEを手にしたオブジェクト達が、美しく舞う。
季節の音さえ聞こえてきそうな世界。


今回のリリースも、
アートワークで携わることが出来て、大変嬉しい限りです。
緻密で広大な作品が勢揃い、素晴らしいコンピレーションアルバムとなっています。
ぜひ、各配信コンテンツより、チェックしてみてください。