2017/09/20

【名刺デザイン】作曲家・プロデューサー 丸谷マナブ 様


Sony Music Publishing所属、
丸谷マナブさん(作詞家・作曲家・編曲家・サウンドプロデューサー)。
名刺デザインを担当させていただきました。
―――――――
丸谷マナブ official web site

- 代表曲 -
・AKB48 「永遠プレッシャー」(29th Single) 「ハート・エレキ」(33rd Single) 「ラブラドール・レトリバー」(36th Single)
・KAT-TUN 「UNLOCK」(26th Single)
・Little Glee Monster「好きだ」(4th Single)
・三代目 J Soul Brothers 「HAPPY」(21th Single)

Twitter : https://twitter.com/manabu_marutani
Facebook : https://www.facebook.com/manabu.marutani
―――――――


(size:91*55mm / paper:コンセプト245kg / 箔押し加工(つや有り銀箔))

今回は、「音の波形」をイメージしたテキスタイル仕様。
音楽を世界に届ける素晴らしいお仕事を、私なりの表現で、紙へ描きました。
信頼し何もかも自由に作らせてくださった丸谷さん、感謝しています。

制作が決まった当初から、
ビジュアルテーマを音の波形にしようと決めていたわけですが、
お名前のイニシャル"mm"が、偶然にも波形の作成に抜群なシルエット。
オモテ面にて、「音波 + 氏名」のロゴマークに見立て、最初の模様が誕生しました。


シンプルさと高級感のバランスを、第一に。
テキスタイル部分を、銀で箔押し加工。
紙は高級紙の"コンセプト245"を使用、ほんのりパールの光沢が入ったもの。
二つのきらめきをポイントに、その他はスマートな印象となるよう仕上げました。

丸谷さんの作品のように、
質が記憶で生き続ける名刺となるよう、制作いたしました。


丸谷さんとは、気付けば出逢ってから長いもので、
シンガーとしてメインに活動されていた頃から、ずっと応援してきました。
私の人生初のCDジャケット制作も彼のもので、デザイナー活動における最初の一歩から、見てくださっている人。
こうして変わらずに、任せていただいたことが嬉しい。

ここからの未来、
活躍の中のちいさな光となって、支えられるツールでありますように。

2017/09/18

【アートワーク制作】「shikisai compilation vol.6」


「shikisai compilation vol.6」、
アートワークを制作させていただきました。
―――――――
「shikisai compilation vol.6」

Release : 2017.10.29 (Bandcampにて配信)
http://kusanone-label.net/shikisaicompilation6/

Artist :
Re:Lilly
SAyA+ryusuke sasaki
uyuni
さわひろ子
ユメノマ
uminism
marucoporoporo
enzym (France)
tete.
ハクスキノエ
yule
―――――――


10月29日に配信となります、
「shikisai compilation vol.6」(KUSANONE Label)。
アートワークを担当いたしました。


ビジュアルテーマは「水上のユートピア」。
心と心がリンクした時にだけ現れる、水に浮かぶユートピア。
地図上にないこの場所では、私達だけの歯車が回り、すべての光が味方する。
甘い太陽のふもとで、美しい音楽が鳴っている。―――

参加アーティスト皆さまの作品を聴かせていただき、
"繊細で特別な場所"を描きたいと感じました。
丁寧にゆっくり、時間と空間が構築される過程とその先を、カタチに残したいと描き進めました。
柔らかい楽園の一風景。


KUSANONE labelを主宰されている、
関西のアンビエント・エレクトロニカバンド「Re:Lilly」さんとは、
今年5月、大阪で出逢いました。
空間演出をしていたライブへ、メンバーの湯口さんが遊びに来てくださり、はじめましてのご挨拶。
贈っていただいたCDを聴いて、いつかご一緒したいと願っていたので、
今回はとっても嬉しいご縁。
任せていただき、心から感謝しています。

Re:Lillyさんの世界は、
粒子のひとつひとつまで輝く、きめ細やかな美しさがあるように思う。
風が体を通り抜けていく瞬間や、水が揺れる瞬間、雲間から太陽がのぞく瞬間。
自然の中にある美の要素が、何ひとつ欠けることなく、詰め込まれているように感じる。
実際に想像している陸に立ち、温度を感じながら絵を描いているような、
奥行きのある制作時間を過ごさせていただきました。


コンピレーションアルバムのコンセプトにある、
"地域・ジャンルを越えた、様々なアプローチをする色彩豊かな音楽を紹介する"という意図。
素敵なことだなあ、と思う。
いろいろな街から、さまざまな光が集まったアルバム。
たくさんの人々へ届きますように。

2017/08/24

【アートワーク制作】「ArtLism.JP vol.9 - supported by PURRE GOOHN」



「ArtLism.JP vol.9 - supported by PURRE GOOHN」、
アートワークを担当させていただきました。
―――――――
ArtLism.JP vol.9 - supported by PURRE GOOHN

1. Atelier Pink Noise / Melting salt
2. Erik Luebs / Arranger
3.
Yasuha. / Waterflow
4.
Gallery Six / syunsui
5.
hugvilla / 廻る
6.
masataka kondo / Spiral
7.
astral trace / VIDEO BEATS
8.
soma hayato / fungi
9.
Ensemble 0 / Mary Ann’s Theme
10.
hideride / Zen
11.
MayLilyq / Ruiggy(feat. DiMudio)
12.
IsoLation / Sunleaf

[ film ]
masataka kondo

[ artwork ]
saori yamada

[ ArtLism.JP ]
http://artlism-jp.tumblr.com/

[ PURRE GOOHN ]
http://purre-goohn.com

2017年8月19日〜11月18日まで、下記コンテンツにて配信されます。
-------
Apple Music, iTunes
Spotify
Prime Music
LINE MUSIC
AWA
KKBOX

etc…
-------
―――――――


前作・前々作に続き、
ArtLism.JPによるコンピレーションアルバム「ArtLism.JP vol.9 - supported by PURRE GOOHN」、
アートワークを担当させていただきました。
今作も最高なラインナップ。ご一緒できて嬉しい限りです。

ビジュアルテーマは「誕生のFe(エフ・イー)」。
サウンドに反応し、多角化する鉄の細胞たち。
音楽の誕生を祝うように、色を帯び、発光してはうつろう。

フリー配信は期間限定です。
一枚に数え切れない遭遇が詰まった、広大なアルバムだと思います。
この機会に、「好き」をひとつまたひとつと、増やしてみてください。

2017/08/19

【ウェルカムボード制作】札幌市 M様・H様ご夫妻


8月11日に挙式を迎えられた、
札幌市 M様・H様ご夫妻。
ウェルカムボードの制作を担当させていただきました。


(スチレンボード/420×594mm/半光沢仕上げ)

― 山も空も、風も、水も。
自然たちが溢れんばかりに祝福する谷。
みずうみには、おめでとうの火が集い、
空中では、光と雨が抱き合って舞う。
今日まで織られてきた愛のリボンが、重力へさからうようにして、泳いでいる。
ちょっと不思議な、わたしたちだけの場所。

歩いて行こう、ここから。
迷ったら帰ろう、ここまで。 ―


祝福を描かせてもらえることは、ほんとうに、しあわせな出来事だ。
この絵が、お二人の未来で、生きていくということ。
奇跡のように思う。

M様・H様ご夫妻、
ご結婚おめでとうございます。
この景色を贈らせていただいたこと、ずっと抱きしめて、私もここから、
しあわせを願っています。

2017/08/09

【ポスターデザイン】爽 ワンマンライブ「Ring.」


爽 ワンマンライブ「Ring.」、
ポスターデザインを担当させていただきました。
―――――――
2017.09.03 (sun)
爽 ワンマンライブ「Ring.」
@ KRAPS HALL

open 18:30 / start 19:30
adv 2,000yen / day 2,500yen (+1d)
under 22 : 500yen cash back
Lコード 12709

support member :
Guitar 松本晃貴
Keybord/Manipulator 幡宮航太
Drum 三浦剛志

爽 web site ▷ http://sawamusic.com/
―――――――


札幌を拠点に活動するシンガーソングライター、爽さん。
9月開催のワンマンライブ「Ring.」、
ポスターデザインを担当いたしました。

ビジュアルテーマは「香る光たち」。
草花、水、風から届くナチュラルな香りは、恵みそのもの、無垢で強い。
経過とともに様々な温度の色を味方につけて、香るように美しい爽さんの佇まいや世界を、
自然の中のアイテムたちで表現しました。

今回は、イラスト(グラフィック) + コラージュ。
貝殻の光沢や、花びらを取り込みました。

そして、素晴らしいお写真は、
ゆりさん(http://yuribo-u.tumblr.com/)。
いつかどこかでご一緒できたらいいなあ、と思っていたことが実現。
嬉しいなあ。


爽さんのビジュアルワークでは、
色や質のベクトルが命をもって動いていたり、
常に発見で溢れ、いつも新鮮な気持ちでの表現時間となります。
それはきっと、爽さんの意識が常に育まれていて、どこまでも伸びやかなものだからだと感じる。

今回の単独公演、個人的にも物凄く楽しみ。
デザインを任せていただけたこと、心からしあわせに思います。

2017/07/19

【ビジュアルデザイン】LIVE「kita:tone」(Chima / エナ(ex.riry*mona) / harineko aco.)


Chimaさん・エナ(ex.riry*mona)さん・harinekoさんによる、
LIVE「kita:tone」。
ビジュアルデザインを担当させていただきました。
―――――――
2017.08.19 (sat)
「kita:tone」
@ 代官山 晴れたら空に豆まいて

OPEN 11:30 / START 12:00
adv ¥2300  door ¥2800 (+1d)

出演:
Chima
エナ(ex.riry*mona)
harineko aco.
―――――――


北海道にゆかりあるシンガーソングライター、
Chimaさん・エナ(ex.riry*mona)さん・harinekoさん。
素敵なメンバーによる企画LIVE「kita:tone」。
WEBフライヤーをデザイン担当いたしました。

当日は、北海道産のフード&ドリンクも。
札幌を拠点にしている私としても、
東京でこのような企画が開催されること、とってもうれしいなあ。


今回のビジュアルは、
北海道の自然をモチーフとした、テキスタイルを中心に。
出演者皆さまのサウンドへ寄り添った柄を意識。
-----
(ビジュアル一枚目、円部分より)
下中央 "雪原のテキスタイル" = harinekoさんを聴いて。
左上 "花と水のテキスタイル" = エナさんを聴いて。
右上 "森のテキスタイル" = Chimaさんを聴いて。
-----
ライブ会場の空気感を大切にしたく、やわらかい和な印象をめざして、
ビターでシンプルなカラーリングに。

二枚目では、Chimaさんのイラストとコラボレーション。
お洋服の線画部分に、一枚目で作成したテキスタイルを反映。
彼女のイラストが大好きです。


それぞれの世界が溶け合って、美しい色が生まれる時間だと思う。
お近くの皆さま、ぜひ遊びに行ってみてください。
私も行きたい!

2017/06/19

わたしたちのみずうみ(2017.06.17「our screen vol.2 ~ 古賀小由実 × Chima ~」)


最終電車少し手前、
渋谷のスクランブル交差点をぼんやり眺める。
各方向からつづく三本の道を、わたしたちは泣いたり笑ったり、それぞれに歩き、
初めから決まっていたように、落ち合って。
道と道と道が合流するそこには、大きくて優しい、湖が揺れる。
そんな感覚を信じてみたくなる夜だった。―――


Chimaちゃん古賀小由実ちゃんとの企画LIVE「our screen」。
6月17日、下北沢 SEED SHIPにて開催されたvol.2、
大成功に終わりました。
ご来場くださった皆さま、心に留めていただいた皆さま、本当にありがとうございました。
お二人の音楽から誕生した絵と光をスクリーンに投影し、空間演出させていただきました。

この三人での表現は、
vol.1 東京編・大阪編に続き、今回で三度目。
まだまだはじまったばかりだけれど、
互いの呼吸を抱きしめるようにして、言葉も要らない瞬間があった。
厚い雲間から太陽が出る瞬間や、最初の春の風が到着した瞬間、そういったナチュラルできらきらしたタイミングに似ている。


今回、新しいご縁があり、
ナレーターの宮澤りえさんがゲスト参加。
三つのお話をセレクトし、朗読してくださいました。
どれも本当に素敵で。
私は、りえさんとこの日はじめてお会いしたのだけれど、
彼女の声を聞いていると不思議と、生まれ育った町のいとおしい風景たちが、本をめくるようにパラパラと、頭の中で流れていった。
記憶の深いところを優しく訪ねてくれる、あたたかいお声。


Chimaちゃんと小由実ちゃんのコラボレーションタイムにも、
相変わらず聞き惚れる。
出逢うべくして出逢ったふたりなのだ、と思う。
ふたつの歌声が重なるとそこには、いくつものエネルギーが集合して、発光体になる。
空白のひとつひとつまで作品のよう。


東京は、こどもの頃に数年間住んでいたことがあって、
北海道と明らかに違うそのタイム感に、
いつの間にか苦手と捉えるようになっていたのだけれど。
こうして小さな旅をつづけていると、ひとつまたひとつと、「好き」で更新される。
それはやっぱり、会いたい人がふえていくから。
なんでもない話をして、いっしょにご飯を食べて、ささやかなようで大きな大きな時間だったりして。
再会の時には、数段深まった私でいようと、強く歩いていける。
「またね」の言葉は素晴らしい。


じつは今回、
宮澤りえさんが朗読してくださったお話の中のひとつに、
私が書いたものも含まれていました。
今年の春、新宿での絵の展示をりえさんが観に行ってくださり、
作品とともに飾っていた言葉たちを、読みたいです!と伝えていただいたのでした。
なんて贅沢なことなのでしょう、感謝でいっぱい。

最後に、その絵と言葉を。


「つみきになれなかった恋へ」
絵・文: ヤマダサヲリ

春になると、思い出したいこと・ひと・におい。

冬のいちばん後ろの夜が明けて、それはゆっくり、こちらへやさしく漂ってきた。
恋に落ちた日の頬、素敵だったシャツの色、魔法にかかった夜中の電話、
奇跡みたいな約束、知らないふりをした海、世界でいちばんの子守り歌、
流れ星にあなたの名前を重ねたこと、最後の舟を見送ったこと。

つみきになれなかった恋は、
崩れた塔のかけらを、ひとつずつ大切に集めて、美しい川へ放った。
それはいくつもの花びらをまとい、春になると、わたしの足元を過ぎていく。
100周目の頃も、何一つ朽ちることなく、この胸に輝くだろう。



「our screen vol.2」、
関わっていただいたすべての方々へ。
心から、ありがとうございました。